ダイエットお助け隊☆

2010年02月12日

メタボ克服大作戦〜生活習慣編〜

メタボ該当者、メタボ予備軍と診断されると、気分的に落ち込む人もいると思います。しかしこれはまだ病気ではありません。今の貴方がやらなければならないのは、病気にならない為の予防なのです。

病気の予防と言われてもピンと来ない方は、まずご自身の生活習慣のチェックをされてみてはいかがでしょうか?

• 20歳の時から体重が10kg以上増加している。
• 週2日、1回30分以上の軽く汗をかく程度の運動を1年以上続けていない。
• 日常生活で歩行または同等の運動を1日1時間以上やっていない。
• 同世代の同姓の人と比較して歩く速度が遅い。
• この1年で体重の変動が+3kgまたは−3kgある。
• 食事をする速度が他の人よりも早い。
• 食べ貯めをしたり、何かをしながら食べたりする事が多い。
• 寝る2時間以内に夕食を取る事が週3日以上ある。
• 朝食は食べない事が多い。
• 夜食、間食をよく取る。
• 週6日以上晩酌をする。
• 習慣喫煙者である。(今までに100本以上、または6ヶ月以上の喫煙者で最近1ヶ月間毎日または時々の喫煙がある者)
• 朝起きた時、疲れが取れてない事が多い。

このチェックで該当する項目がある人は、メタボになりやすい生活習慣を送っていますので、改善できるところから始めてみましょう。


アクセスアップ ブログ秘書 健康ダイエット通販.com
posted by カリスマダイエット at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボ予備軍って?

とある特定保健用食品のCMで一躍有名になったメタボ検診。正式な名前はメタボリックシンドローム(代謝症候群)と言います。だいぶ定着してきたようですが、特定検診になります。

<厚生労働省の診断基準>
腹囲の基準を超えて、尚且つ血糖値、脂質項目、血圧のいずれか2つに該当する者。
• 腹囲−男性85cm、女性90cm以上(内臓脂肪面積100㎠以上相当分)
• 血糖値−110mg/dl以上(空腹時)
• 脂質項目−中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれか、または両方
• 血圧−130/85以上(上下いずれか、または両方)

貴方の健康診断結果で、この診断基準に当てはまれば立派なメタボリックシンドロームの仲間入りです。

よく間違えるのが、腹囲という検査項目。厚生労働省が定める測定方法は衣類を付けてない状態で、おへその高さ(腹周り)で測定します。人によってはズボンやスカートのウエストラインと異なりますので、変な位置で測られた!と思わないで下さいね。女性などでは補正下着を着けていると、自然な状態ではないので若干測定値が変動する事もあります。また、ぎりぎり腹囲の基準を超えてなくてもBMI値が25以上の方は、会社によってはメタボ診断が下る事もあるので、お気をつけ下さい。

また、腹囲、BMI値が該当、血糖値、脂質、血圧のいずれか1つに該当がある場合、「メタボ予備軍」となるので、そのような方も、生活習慣の改善をご検討されてみてはいかがでしょうか?

メタボと診断された方は会社、自治体によって保健師らの指導を受ける事になるので、積極的に受けて改善して下さいね。

アクセスアップ ブログ秘書 健康ダイエット通販.com
posted by カリスマダイエット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの診断基準は、
日本ではウエストが男性85センチ、女性90センチであり、
かつ高血圧や高血糖、高脂血症などが条件となります。
つまり、
適切な運動などで内臓脂肪を代謝しウエストを小さくすることができれば、
メタボリックシンドロームではなくなれるのです。

メタボ対策と大上段に構えられると
やる気がなくなったり、
凄い事をしなければならないのかと思う人も多いでしょう。
メタボリックシンドロームを軽減するためには、
最初から大きな目標を目指さず
可能な範囲でダイエットに励みましょう。
ダイエットは、メタボリックシンドローム軽減のオーソドックスな方法です。

メタボリックシンドロームを一刻も早く改善するためにと焦って辛すぎる運動をしたり、
急にご飯を抜いたりすると体への負荷が大きくなりますので避けましょう。
もしも既に体調を崩しているような場合や、急に行うキツイ運動などは厳禁です。
優しく見守る他の人と自分を比較したり、結果を焦ったりせず、地道に取り組むように心がけましょう。

即座に体重を落とさなければと焦ると、
それがストレス源になって体によくない結果になるだけです。
メタボリックシンドローム解消は、リラックスして行いたいものです。
メタボリックシンドロームを周囲が要求し続けること
も常にいいこととは限りません。
あくまでそっと手を差し伸べたり、本人の心身の負担にならない程度に励ました
りするくらいで十分だと思います。

将来において動脈硬化のリスクを減らすため、メタボリックシンドロームの傾向がある人は改善に向けて努力をす
るといいでしょう。

栄養士がオススメする『マルチダイエット』で健康的にダイエット。

posted by カリスマダイエット at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

メタボリックシンドローム

いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、

メタボリックは「代謝」シンドロームは「症候群」という意味です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、

単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの

生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、

心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は

気を付けなければなりません。

日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。

この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで

運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。

40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。

そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもが

そんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在していると

いわれています。

メタボリックシンドロームに陥る原因は、言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは

忘れてはならないことです。

身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、

それは人が生きていくために必要不可欠なことです。

生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、

そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりも

さらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。

肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、

そうならないようにしっかりと予防することが大切になります。

体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドローム

防ぐようにしましょう。

産後ダイエット 主婦でもできた!たった1ヶ月でラクラク幸せネット起業 水虫を自宅で治す ブログ秘書 夢ブログ
posted by カリスマダイエット at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。